JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

宮澤夕貴のバスケの原点は美人姉!JXで成長した3つのプレーと役割

   

宮澤夕貴 JX 画像

JX-ENEOSサンフラワーズ所属の宮澤夕貴選手は長身から繰り出される確率の高いシュートと味方を生かすプレーのうまさがあります。

 

日本代表に選ばれ続ける1番の理由は宮澤夕貴選手がチームに〇〇〇〇をもたらす選手だからです。

 

『バスケットボールを始めたきっかけは?』

『宮澤夕貴選手の姉がモデル級の美人と話題』

『日本代表で期待したい3つのプレー』

『オフの素顔は女子力高め!運転席には彼氏?』

などの話題を中心に宮澤夕貴選手の魅力と〇〇〇〇の答えに迫ってみたいと思います‼︎

宮澤夕貴選手のWikipedia風プロフィール

【読み方】みやざわ ゆき
【ニックネーム】アース
【生年月日】1993年6月2日
【出身地】神奈川県横浜市
【身長】182cm
【体重】70kg
【足のサイズ】28cm
【血液型】AB型
【出身校】
・横浜市立岡津小学校
・横浜市立岡津中学校
・金沢総合高等学校
【所属】JX-ENEOSサンフラワーズ(2012-)
【ポジション】F(フォワード)
【背番号】52

 

名前やプレースタイルなどから名付けられることが多いコートネーム。宮澤夕貴選手は『アース』

 

その由来はとてもユニークで普通なら思いつかないようなところから名付けられています。
あなたはわかりますか?( ̄▽ ̄)






宮澤の『宮』が“神”宮→神様の“ア”マテラ“ス”→アースとなりました

 

最初にこれをひらめいた選手は誰だったんでしょうか?(笑)

バスケットボールを始めたきっかけは?

宮澤夕貴 姉 画像

宮澤選手がバスケットボールを始めるきっかけとなったのが2歳年上のお姉ちゃんの影響でした。小さいときから仲が良く、今でも一緒にご飯に行くなど姉妹であり親友のような存在。

 

宮澤選手も整った顔立ちですがお姉ちゃんは美人過ぎますね(笑)

 

最初はお姉ちゃんがプレーするバスケをただ見ていただけでした。でもミニバスの仲間と楽しそうにバスケするお姉ちゃんを見ているとだんだんと自分もウズウズ‼︎

 

小学校1年生の夏に『自分もやってみる!』とバスケを始めました。それからは先に始めていたお姉ちゃんよりも才能を発揮‼︎

 

中学2年生のときには都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会に出場し、神奈川の強豪校・金沢総合高校の星澤監督のスカウトを受けます。

 

【日本代表での成績】

  • 『U-16アジア選手権』準優勝(2009年)
  • 『U-17世界選手権』5位(2010年)
  • 『U-18 3×3世界選手権』3位(2011年)
  • 『東アジア競技大会』準優勝(2013年)
  • 『アジア選手権』優勝(2013年、2015年)

【個人での受賞】

  • 『U-17世界選手権』世界得点ランク2位、リバウンド4位(2010年)
  • 『2014-2015シーズン Wリーグ ベスト5 フォワード部門』

宮澤夕貴選手の持ち味となる3つのプレー

宮澤夕貴 バスケ 画像

3番ポジションでの活躍

まず宮澤選手に期待したいのがフォワードとしての得点力。バスケットボール用語で3番ポジションと言われ、漫画スラムダンクでは流川楓のポジション。

 

いわゆる点取り屋ですね‼︎

 

182cmだと国内リーグではセンター(ゴール下)を任されてもいいほどの身長ですが、大型フォワードとして起用されています。

 

宮澤選手のフォワードとしての1番の武器は3ポイントシュートラインよりも一歩入ったところからのミドルシュート。

 

この位置はディフェンスにとってシュートかドライブ(ドリブルで抜くこと)か1番迷うところ。間合いを詰めれば抜かれてしまうし、間合いをあけすぎれば簡単にシュートを打たれてしまうので非常に守りにくいんです。

ランニングリバウンドで高さに対抗

宮澤選手が所属するJX-ENEOSサンフラワーズのメンバーだけでなく日本代表全員の共通意識として『全員でリバウンドを取る』ということを意識しています。

 

日本代表の平均身長は世界と比べると20cm近く低いんです。もちろんパスやシュートなど選考基準は多々ありますが、僕には身長が低くてもリバウンドが取れる選手が選ばれているように見えました。

 

宮澤選手に話を戻すとフォワードというポジションはゴールから遠い位置にいることが多いのでランニングリバウンド(走り込みながらリバウンドを取る)でリバウンド争いに加わります。

 

今までの日本のフォワードは170cm台の選手が多かったんですが、宮澤選手がフォワードをすることで世界に通用する高さを手に入れました。

 『バランサー』としてオフェンスにリズムを

宮澤夕貴選手の1番の魅力と言うのが『バランサー』としての役割。

 

例えば、

味方のために”サッと”スペースを作ったり、ボール運びがスムーズではないときに”ヒュッと”パスの中継地点になるなどオフェンスの流れをよくする役目があります。

 

日本代表に選ばれる選手はいわば各チームのエース級がそろっています。全員が高いオフェンス能力と強い『我』と『個性』を持っているわけです。

 

カレーで例えるなら宮澤選手以外の選手は香りや辛さの強いスパイスで、宮澤選手はそれらの味をまろやかにするリンゴやハチミツのような存在(笑)

 

宮澤選手のバランサーとしての動きは得点やリバウンドのように数字で表れないため観戦しているほうは見落としがち。

 

ボールを持っていないときの宮澤選手のプレーを見て『なんでそこに動くの?なんでそこでパスをもらったの?』と1つ1つのプレーの意味を考えるとバスケットボールボールの本当の面白さがわかるかもしれません

 

最後に〇〇〇〇の答えは『チームにバランスをもたらす』でした‼︎

オフの素顔は女子力高め!運転席には彼氏?

宮澤夕貴 彼氏 画像

コートではディフェンスと激しくぶつかり合い、容赦なくミドルシュートを決める宮澤夕貴選手もコートを離れるととても女子力の高い女の子‼︎

 

趣味はお菓子作りで得意なお菓子はカップケーキ。バレンタインにはチョコケーキを作るなどマメな性格であることもわかります(笑)

 

このチョコケーキはやっぱり彼氏に⁉︎と思ったんですが、おそらくチームメイトの吉田亜沙美選手が食べたんじゃないでしょうか?

 

宮澤選手のTwitterには吉田亜沙美選手とのラブラブ写真がいっぱい。本当に彼氏、彼女みたいにずっと一緒にいるんです!!もちろんチームメイトで日本代表でも一緒なので文字通りずっと一緒なんですけどね( ̄▽ ̄)

 

マメと言えばネイルも趣味でかなり細かいデザインでもチャチャッとやってしまいます。シーズン中は手の爪にはネイルできないようですが足はバッチリ‼︎

 

ちなみにシュートを打つときにボールへの爪の引っかかり具合でシュートの良し悪しが変わる場合があります。男子でも爪が割れないようにとジェルを塗ってコーティングする選手がいるんですよ(^^)

 

また宮澤選手のトレードマークと言えば肩まで伸びたロングヘア。もちろんお手入れは欠かしません‼︎

 

あれ?『宮澤選手ってAKBの柏木由紀に似てるんじゃ?』と思ったあなた‼︎

 

友達になれそうです( ̄▽ ̄)笑

 

宮澤選手はメイクがとてもはえる顔立ちで、奥二重なのかアイプチするだけでガラッと印象が変わります。本気でメイクすれば女子バスケ界で1、2を争う美人選手になるんじゃないでしょうか?

 

宮澤選手の美意識の高さがわかる格言がこちら‼︎

性格は顔にでる
生活は体型にでる
本音は仕草にでる
感情は声にでる
センスは服にでる
美意識は爪にでる
清潔感は髪にでる
落ち着きのなさは足にでる

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です