JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

篠原真里亜の身長•Wikiは?体重減量でプロ仕様!実家の旅館を支える妹!

   

篠原真里亜 画像

2015年のプロテストに合格した女子プロゴルファーの篠原真里亜選手。可愛いルックスとショートカットは元AKBの篠田麻里子さんになぞらえてゴルフ界の”しのまり”と呼ばれています‼︎

 

もしプロゴルファーになっていなければ実家の旅館を継いで若女将となっていたかもしれないと話します。

 

『ゴルフを始めたきっかけと中学・高校時代の成績』

『実家は口コミ絶賛の人気旅館』

『篠原真里亜選手のスイングの特徴』

『篠原真里亜選手は痩せた⁉︎と噂』

などの話題から篠原真里亜選手の魅力に迫ってみたいと思います‼︎

篠原真里亜(まりあ)選手のWikipedia風プロフィール

【読み方】しのはら まりあ
【生年月日】1996年11月17日
【出身地】大分県玖珠郡
【身長】163cm
【体重】58Kg
【血液型】B型
【家族】祖父母、母、弟、妹
【出身校】沖学園高等学校(福岡県)
【プロテスト合格日】2015年7月31日
【所属】ニトリ

 

真里亜という名前は海外に行っても親しみやすいように、世界中の誰にでも読んでもらいやすい名前だと祖母の美千代さんが命名。

 

小さいときから実家の旅館の配ぜんを手伝っていたという篠原真里亜選手。自身も家族も将来は旅館を継いで女将になるものだと思っていたそうです。

 

旅館を継ぐのは弟の任師命(はじめ)さんしかいないと命名するも、弟・任師命さんもプロゴルファーを目指す道へ‼︎

 

三度目の正直、
篠原選手が『妹がいて良かった』と話すように旅館は妹・亜弥代(あみだ)さんが継ぐそうです。

ゴルフを始めたきっかけは?

小さいころは日本舞踊は習っていたもののスポーツとは無縁の生活だった篠原真里亜選手。祖父母と一緒にタイへ旅行に行ったことが転機になります。

 

篠原真里亜選手の祖母・美千代さんはゴルフ場を経営していて、自身もゴルフ好き。

 

祖母・美千代さんも最初は孫の真里亜さんにゴルフバッグを持ってもらおうくらいの気持ちでゴルフ場に誘ったのかもしれません。

 

ところが祖母から借りたドライバーでいきなり200ヤード飛ばしてしたものだからかなり驚いたことでしょうね(笑)

 

遠くへボールを飛ばす感覚は日本舞踊にはない爽快感ですっかりゴルフの虜になってしまったそうです。

 

そこから大分市のゴルフ塾に通って本格的にゴルフを始め、ジュニアの大会で優勝するまでの実力に!!

 

中学はゴルフの強豪校である沖学園中学を進学するために福岡市に引っ越しを決意。毎日4〜5時間の練習とゴルフ漬けの毎日を送ります。

 

そして、
高校進学を控える中学3年生のときの再び転機が訪れます。

 

沖学園中学の先輩である福田真未さんと福山恵梨さんがプロになったことで『私もプロゴルファーになりたい』と決意しました‼︎

 

プロゴルファーになりたいとお母さんに伝えたときは『好きなようにやりなさい』と背中を押してくれたそうです。

 

【中学・高校時代の成績】

  • 2008年『大分県ジュニアゴルフ大会』優勝
  • 2010年『全国中学校ゴルフ選手権』個人優勝、団体優勝
  • 2012年『九州ジュニアゴルフ選手権』優勝
  • 2012年『日本女子アマチュアゴルフ選手権』ベスト8
  • 2013年『全国高等学校ゴルフ選手権 春季大会』4位
  • 2013年『日本女子アマチュアゴルフ選手権』ベスト16
  • 2014年『国民体育大会』個人1位タイ、団体優勝
  • 2014年『ユースオリンピック 中国・北京大会』個人8位タイ、団体7位

実家は口コミで絶賛の人気旅館『渓谷の宿 二匹の鬼』

篠原真里亜 実家 旅館 画像

篠原真里亜選手の実家は大分県で人気の『渓谷の宿 二匹の鬼』大分県玖珠郡九重町にある温泉宿で周りを山々に囲まれて夏の新緑、秋は紅葉、冬には雪景色と1年を通して四季を感じられます。

 

プロゴルファーへの夢を応援してくれた家族への恩返しは活躍してもっと旅館を有名にすることと話しています‼︎

 

じゃらんやその他旅行クチコミサイトの評価はほとんどが絶賛の声ばかり。

 

料理も部屋も温泉も素晴らしいというクチコミはもちろん、なによりも従業員さんの対応が素晴らしかったというクチコミが大多数でした。

 

女将である篠原選手のお母さんのおもてなしの心が従業員全員に伝わっているんでしょうね(^^)

 

そのおもてなしの心を1番間近でみていた篠原選手もファンを大事にするゴルファーに成長してくれると思います‼︎

篠原真里亜選手のスイング

篠原真里亜 スイング

理想の選手像に目指すの常に優勝争いができる強いプロゴルファーと答えています。

 

篠原真里亜選手の平均飛距離は240ヤードと武器にするには少し弱い。そこで磨いたのはショットの正確性。

 

まず取り組んだのはどのクラブでも同じ姿勢、同じリズムとタイミングでスイングできるように猛練習したそうです。

 

日によってズレが出ないように何千、何万回とクラブを振ったに違いありません‼︎

 

とくに下半身がブレないというのはショットの安定性と正確性に必要不可欠。

 

篠原選手は『幼いころから習っていた日本舞踊で中腰のまま姿勢をキープすることもあるので腹筋や背筋が鍛えられた』と話します。

篠原真里亜選手は痩せた?

篠原真里亜選手の高校時代の写真と現在の写真を見比べてみるとかなり顔がシュッとしたように感じます。

篠原真里亜 高校 画像

篠原真里亜 ゴルフ 画像

実際にユースオリンピックに出場した2014年ころは現在の58kgよりも体重が4kgほどあったそうです。

 

プロになると体重コントロールも体調管理のためには必要になってくるので2014年から2015年にかけて身体をプロ仕様に絞ったのかもしれないですね‼︎

  関連記事

Comment

  1. 岩本愛二 より:

    私も大分玖珠郡玖珠町の出身です、
    大阪で毎年開催される玖珠九重会で篠原さんおの紹介で知りました、高校の後輩に大相撲の琴大豪(幕下)もうすぐ、関取です、大阪場所では毎年激励会をやってます、イボミフアンですが、篠原まりあさんも応援したいと思います、頑張って下さい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です