JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

菅澤優衣香は私服•髪型はイケメン男子!性格は乙女?移籍理由が泣ける!

   

菅澤優衣香 イケメン 画像

女子サッカー日本代表で圧倒的なフィジカルとプレースタイルから『イケメン‼︎』『男子顔負け‼︎』などの声援が飛び交うジェフユナイテッド所属の菅澤優衣香選手。

 

プレースタイルとは対照的にインタビューではニコニコと笑顔で話す姿が男子ではなくサッカー好き女子のハートをわしづかみにしています‼︎

 

『サッカーを始めたきっかけは?』

『千葉に移籍を決心した理由』

『菅澤優衣香選手のプレースタイル』

『オフの過ごし方は?イケメンだけど可愛い‼︎』

などの話題を中心に菅澤優衣香選手の魅力に迫ってみたいと思います‼︎

菅澤優衣香選手のwikipedia風プロフィール

【読み方】すがさわ ゆいか
【生年月日】1990年10月5日(25歳)
【出身地】千葉県千葉市美浜区
【身長】168cm
【体重】63kg
【出身校】
・千葉市立幕張西小学校
・千葉市立幕張西中学校
・福島県立富岡高等学校
【在籍チーム 】
・アルビレックス新潟レディース(2009年-2012年)
・ジェフユナイテッド市原・千葉レディース(2013年-)
【ポジション】FW
【背番号】9
【利き足】右足
【獲得タイトル】
・2014年 なでしこリーグ得点王・ベスト11選出
・2015年 なでしこリーグ得点王・ベスト11選出

サッカーを始めたきっかけは?

菅澤優衣香 兄 画像

菅澤優衣香選手の兄・孝也さんの影響で4歳のときからサッカーを始めます。菅澤孝也さんも元アルビレックス新潟シンガポールに所属するサッカー選手でした。

 

高校はJFAアカデミー福島の一期生として福島県立富岡高校に進学します。

 

JFAアカデミー福島は中高の6年間を対象にして選手を育成する機関で福島県の中学校と高校と提携して選手を育てます。

 

高校時代から注目されていた菅澤選手は2008年にアルビレックス新潟の強化指定選手に選ばれ、翌年2009年に正式に入団しました。

千葉へ移籍の理由が感涙エピソード⁉︎

千葉に移籍を決めた理由はお母さんに近くでプレーを見てもらいたかったから。このたったシンプルな理由こそ菅澤優衣香選手がサッカーを続けるモチベーションになっています。

 

ワールドカップで優勝を果たしましたが、まだまだ国内リーグは毎試合がテレビ放送されるわけではないですもんね。

 

千葉に移籍を決めるまでには菅澤選手とお母さんとの絆のエピソードがありました。僕も思わずうるっとしてしまう

 

菅澤選手はロンドン五輪の代表入りを目前に、当時所属していたアルビレックス新潟の練習中に左足の前十字じん帯損傷のケガを負ってしまいます。

 

全治6か月の大けが。
ひざのけがはサッカー選手にとって、というよりもすべてのスポーツ選手にとって致命的。手術が成功したとしてもケガ前のパフォーマンスを発揮できるかわかりません。

 

もしかしたら菅澤選手も引退を考えたかもしれません。放心状態の中でお母さんに、

『これからもサッカーをやっている姿を見てみたい?』

とつぶやいたそうです。

 

退院の日、お母さんからは、

『なでしこジャパンで頑張って頂点に立つ優衣香を見てみたいかな』

の一言と退院祝いの寄せ書きに、

『優衣香のお母さんにしてくれてありがとう』

との一行が。

 

そして千葉に移籍を決めました。自分の残りのサッカー人生をお母さんに見届けて欲しい、それが親孝行になるとプレーを続けます‼︎

 

千葉の練習場近くで1人暮らししているけれど、試合前日はお母さんが作るカレーを食べるのが最高のゲン担ぎになるんだとか(^^)

菅澤優衣香選手のプレースタイル

菅澤優衣香 画像

当たり負けしないフィジカル

ケガからも見事復活する強靭な身体こそ菅澤優衣香選手の1番の武器でもあり、プレースタイルの基本になっているもの。

 

とくにヘディングシュートが得意。

見てください‼︎このジャンプ力。

 

ディフェンスの腰あたりまで飛ぶジャンプ力は男子顔負け。女子の試合らしからぬ身体能力の高さはイケメンとか男前と言われるのも納得です( ̄▽ ̄)

 

2014年第17回アジア競技大会のヨルダン、香港、ベトナム戦での合計4得点はすべてヘディングシュート。

 

華麗にディフェンスを抜き去るドリブルもカッコいいですが、菅澤選手のような泥臭いプレースタイルが好きです‼︎

弱点を克服して積極性が増した

菅澤選手の身体の強さを生かしたプレーにポストプレーがあります。ポストプレーは敵ゴールの手前でゴールに背を向けた状態で味方のパスを受けて攻撃の起点になります。

 

ディフェンスを背負ったまま押されたり、ぶつかられたりしても身体がぶれない強さが必要になるため菅澤選手の得意とするプレー。

 

ポストプレーには素早く的確にフリーの味方を見つけてパスを出す能力と振り向いて自らゴールを狙う積極性も重要になります。

 

以前の菅澤選手は積極性という点でまだまだFWとして未熟。ボールを持つと味方を探してパスを出すプレーが目立ちました。

 

それが2013年以降に積極的にゴールを狙う姿勢になってからは持ち前の身体の強さと身体能力で決定力が一気に増しました。

 

ボールを預けたら絶対に決めてくれるという安心感と信頼感。ディフェンスも以前よりも激しくマークしなければいけなくなり、結果、周りを生かすプレーも精度が上がります。

 

点取り屋は多少わがままなエゴイストのほうがいいんですよ‼︎とは言ってもニコニコインタビューに答える菅澤選手からは良い人オーラしか出ていません(笑)

オフの過ごし方は?プレーとは間逆な性格!

菅澤優衣香 私服 画像

ジェフユナイテッドに移籍してからはチームの紹介でスーパー銭湯『内房薬湯健康センター』で週4日、朝から夕方まで受付や配膳の仕事をしていました。

 

ジェフユナイテッドレディースは男子とは違い選手全員がアマチュア契約。そのため仕事とサッカーをかけ持ちしています。

 

現在は週2日で働けるチームスポンサーの損害保険会社に転職。よりサッカーに集中できる環境はトレーニングや体のケアの時間が増えてケガも減りました。

 

普段の性格はプレースタイルとはほど遠くおっとり、マイペース。リラックス方法はよく寝て、よく食べる(笑)菅澤選手の身体の強さの秘密を垣間見た気がします( ̄▽ ̄)

 

趣味はDVDを見たり、音楽を聴いたりとインドア派なのかと思えば、サーフィンやスケボーなどかなりアクティブな横ノリ系!!

 

好きなアーティストは清水翔太やナオトインティライミ。ちなみにナオトインティライミさんと言えば、筋金入りのサッカー好きで、冗談抜きでサッカーが上手い!

 

もともと柏レイソルU-15出身で世界一蹴の旅と題して世界28ヶ国を旅したときにはエジプトで『プロにならないか?』と誘われて真剣に悩んだこともあるとか(笑)

 

菅澤選手とナオトインティライミさんは2015年年末のバラエティー番組『中居正広の6番勝負』のフットサル対決で対戦しています。

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です