JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

横山久美の身長•体重•Wiki!宮間あやも認める神ドリブルと移籍の理由!

   

横山久美 ゴール 画像

抜群のスピードと巧みなボールタッチを生かしたドリブル突破力。その姿は女メッシ、女マラドーナと呼ばれるAC長野パルセイロ所属の横山久美選手。

 

『サッカーを始めたきっかけや過去の成績』

『岡山湯郷ベルからの移籍理由は?』

『神ドリブル動画!ドリブルの秘密は”あの”漫画』

『オフの過ごし方は?子供っぽい性格がバレる?』

などの話題を中心に横山久美選手の魅力や素顔に迫ってみたいと思います!

横山久美選手のwikipedia風プロフィール

【生年月日】1993年8月13日
【出身地】東京都多摩市
【身長】155cm
【体重】54㎏
【血液型】O型
【出身校】十文字中学高等学校
【在籍チーム 】AC長野パルセイロ・レディース
【ポジション】MF
【背番号】10
【利き足】右

サッカーを始めたきっかけは?

幼稚園のときに3歳年上の兄が所属する17多摩サッカークラブの練習を見に行ったことで興味を持ち、小学生になるのと同時に入団しました。

 

なでしこジャパンのメンバーでもサッカーをやっているお兄ちゃんがいて、その影響で始めるきっかけになった選手はたくさんいます。

  • 2009年 U-16日本代表
  • 2010年 U-17日本代表 FIFA U-17ワールドカップ出場
  • 2012年 U-20日本代表 FIFA U-20ワールドカップ出場
  • 2015年 日本代表 アルガルヴェカップ2015出場

岡山湯郷でも地元の津山信用金庫で働いていましたが移籍後は昼間は長野信用金庫で働き、夕方から練習。満足な練習時間が確保できないために練習時間はめいっぱいに使いたいと、毎日最後まで居残り練習を続けます。

岡山湯郷Belle(ベル)からAC長野への移籍理由は?

横山久美 移籍 画像
現在、なでしこリーグには1部と2部、そして3部のチャレンジリーグとわかれています。岡山湯郷ベルは1部所属でAC長野パルセイロは2部。

 

普通なら1部のチームから2部のチームへの移籍はよっぽどのことがない限りないと思うんです。

 

例えば、
1部のチームから戦力外通告を受けたとか、2部のチームが高額の年俸を用意したとか。横山久美選手は自らの意思でAC長野へ移籍を決めています。そこにはどんな意図があったんでしょうか?

 

鍵を握るのは2003年から2011年まで岡山湯郷ベルで監督をつとめ、現在はAC長野パルセイロの監督である本田美登里監督の存在でしょう。

 

というのも本田美登里監督は岡山湯郷ベルをなでしこリーグ1部に導いた監督。でも2012年に横山選手が加入したときにはすでに長野へ。

 

岡山湯郷ベルでは持ち前のドリブルを生かせず、出場機会に恵まれていませんでした。そこに『本気で1部を目指すからチームの中心になってくれないか?』と声をかけられて心動かないはずがないと思います。

 

そして、
移籍したAC長野パルセイロで横山選手の才能は思う存分に発揮されています。

 

2014年はチャレンジリーグで30得点をあげ得点王。2015年はなでしこ2部リーグで35得点で得点王。

 

2部リーグではもう誰も横山選手を止めることができる選手はいません‼︎2015年は1部昇格はなりませんでしたが、早く1部での活躍を見てみたいですね。

横山久美選手のドリブルの秘密とは?

女性版マラドーナと呼ばれるほど横山久美選手のドリブルは

 

横山選手の名前が一気に世界的となったのが東京・十文字高2年生のとき、2010年U-17女子W杯の北朝鮮戦で決めた5人抜きのゴール。

 

ゴール前で4人のディフェンダーに囲まれるも巧みなフェイントと鋭い切り返しで密集地帯を抜けたかと思うと、強烈なシュートがゴール左隅に決まります。

 

わずか10秒間、距離にして約25mの間にデフェンスを5人も抜いてしまいました。

 

横山選手の5人抜きゴールは2010年FIFA年間最優秀ゴール候補にもあがりました。ちなみにこの2010年U-17女子W杯では6ゴールで得点ランク3位にもランクイン。

 

ディフェンスのすき間をスルスルと抜けていくドリブルの秘密はどこにあるんでしょうか?

神業ドリブルの秘密は?

横山久美 ドリブル 画像

横山久美選手のドリブルは足とボールの間に糸がついているかのように足元から離れません。1度足元から離れたかと思ってもヨーヨーが手元に返ってくるかのように自由自在に操ります。

 

その秘密は漫画『キャプテン翼』のマネをして小学校の登下校の10分間は常にドリブルをして通学していたこと。

 

ドリブルのタッチは感覚と言う横山選手。サッカーボールをどれだけの時間蹴ってきたかというのが大事なんでしょうね!

 

横山選手のドリブルの特徴は細かいボールタッチと左右に体を小刻みに揺らす独特のリズム感。横山選手の体を左右に揺らす動きでディフェンスは左右どちらかに重心が傾きます。

 

するとディフェンスとは反対の方向にドリブル。細かいボールタッチの技術があるからこそディフェンスが左右どちらに動いても瞬時に反応できる武器。来るとわかっていても止められないのが横山選手のドリブルです‼︎

オフの過ごし方は?素顔は子どもっぽい⁉︎

横山久美選手はチームメイトの村山友梨選手とルームシェアしています。村山選手が食事担当で横山選手は犬の散歩な掃除担当と分担。

 

横山選手は村山選手が作るハンバーグが大好きなんだそうです(笑)

 

横山選手は野菜が苦手。それを村山選手がなんとか食べさせています。AC長野パルセイロに来てからは体重が10kg近くも減ったというから村山選手に感謝しなければいけないですね!

 

食後は愛犬の『バッジオ』と遊ぶのが至福の時間だとか!遠征しているときは携帯電話の待ち受けをバッジオにしているそうです。

 

ちなみに愛犬・バッジオの由来は横山選手が憧れる元イタリア代表のロベルト・バッジオ選手から。

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です