JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

藤本麻子のカップ狙う攻めのスタイル!リズムで打つスイングの極意!

   

藤本麻子 画像

アマチュア時代からエリート街道を歩んできた藤本麻子選手。2011年のプロ初優勝から度々優勝争いに絡みながらも2勝目が遠い!

 

でも冷静に自分自身を分析し虎視眈々と2勝目を狙っています。

『大器晩成』

この言葉通り藤本麻子という選手が完成するには今しばらく時間が必要なのかもしれません!

 

そんな藤本麻子さんの魅力をもっと引き出すために、

『ゴルフを始めたきっかけは?』

『2015年のクラブセッティング』

『藤本麻子さんから学ぶリズムで打つスイング』

などの話題をまとめてみました!

藤本麻子さんのWikipedia風プロフィール

【生年月日】1990年5月28日(25歳)
【出身地】岡山県津山市
【身長】164cm
【体重】59kg
【血液型】A型
【経歴】岡山県作陽高等学校卒業
【プロ転向】2009年

ゴルフを始めたきっかけと過去の成績

小学校4年生のときにお父さんから『一緒にゴルフをやらないか?』と誘われたのがゴルフを始めたきっかけ。

 

ゴルフは他のスポーツに比べても競技寿命が長いですし、大人になった時に一緒にゴルフコースに行くのがお父さんの夢だったのかもしれないですね(^^)

 

藤本選手はアマチュア時代から実力のある選手として注目を集め2006年から4年連続でナショナルチームにも選ばれています!

  • 2005年 全国中学校ゴルフ選手権で優勝。
  • 2008年 全国高等学校ゴルフ選手権優勝。2007年と2008年には2年連続『富士通レディース』でローアマチュア(アマチュア選手の中で最もスコアが良かった選手)を獲得。
  • 2009年 日本女子アマチュアゴルフ選手権では宮里藍プロ以来史上22人目となる完全優勝しプロへと転向。
  • 2011年に『伊藤園レディース』でプロ初優勝。

その後優勝から遠ざかっていますが2015年には今まで使用してきたゴルフクラブではなく新しく『プロギア』と契約することでプロ2勝目に向けて心機一転。

 

《過去3年間の獲得賞金とランキング》

  • 2012年 2131万円 41位
  • 2013年 5206万円 15位
  • 2014年 3245万円 29位
  • 生涯獲得賞金 2億2378万円 93位

父から離れてプロとして成長!さらなる飛躍へ!

藤本麻子 父親 画像

【出典:】

ジュニア時代から藤本麻子さんのコーチとキャディーをつとめてきた父・信吾さん。でもプロになってからは藤本麻子さんにも自分なりの考えや意見が出てきて、試合中にたびたび喧嘩することもあったとか。

 

そしてある時、練習場で鏡を見ながら打っていると自分のイメージ通りに打てていることに気づいたそうです。それから父・信吾さんに相談して1人で自分なりにやってみたいということを伝えたそうです。

 

2011年にプロ初優勝したときにお父さんに報告すると

『おう、よう頑張った』

と泣いていたそうです。

 

藤本麻子さんも

『お父さんが厳しかったからこそ、ここまで来れた』

と感謝の言葉をのべました。

 

お互いに本音を言い合える仲だからこそ喧嘩も増えたんでしょうね!それって父・信吾さんが藤本麻子さんにプロの世界で活躍してもらいたかったという愛情だったんだと思います(^^)

2015年のクラブセッティング

ドライバー プロギア iD nable RS01 ドライバー(9.5度) 藤倉ゴム工業 モトーレ スピーダー569(2013年)SR
FW&UT ダンロップ スリクソン Z F45 TOUR フェアウェイウッド(3番15度、5番18度、7番21度) プロギア iD nable RS ユーティリティ(4番22度)
アイアン プロギア iD nable RS フォージドアイアン(5番〜PW)
ウェッジ プロギア iD nable RS フォージドウェッジ(52度、59度)
パター テーラーメイド ロッサモンザ スパイダー BALERO AGSI s

プロギアは原江里菜プロも愛用するゴルフメーカー。
どのゴルフクラブメーカーもいかに『飛距離』を出すかということに技術を注いでいるように思います。

 

その中で藤本選手がプロギアを選んだのはクラブ性能の高さだけでなく、どんな要求でも短時間で的確に対応してくれるレスポンスの早さでした。

パワフルなスイングながら力まないリズム打ち!

藤本麻子さんのスイングを表すのにピッタリな言葉は”パワフル”。これしかないでしょうね!

 

少し前傾ぎみのスタンスでまるで斧を振りかぶって木を切り倒すかのようなスイングは負けず嫌いな性格をも表すようなダイナミックなフォーム。

 

スイングの見た目はパワフルながら意識しているのは速くクラブを振ろうとかではなく

『リズム良く打つこと』

なんだそうです。

 

藤本選手の場合、

  • ゴルフクラブを構えた状態(アドレス)から振り上げるまでを”1″
  • ゴルフクラブを振り上げた時(トップ)にしっかりと軸を意識して体をひねって”2″
  • そして”3″で一気に振り切ります!

 

スイングリズムの基本は『1、2、3の三拍子でのリズム』でゴルフ漫画で流行った掛け声を使うならば『チャー、シュー、メ〜〜〜ン』が正しいリズム。

 

遠くへ飛ばそう!飛ばそう!という意識が強ければ強いほどリズムが崩れてしまい身体全体を使ったスイングではなく腕だけで振ってしまうスイングになってしまいます。

 

毎回スイングが安定しない人の特徴は、

  • ゴルフクラブを振り上げた時(トップ)の”2″のタイミングでしっかりと上半身をひねることができていない。
  • 毎回同じリズムで打てていない。

このどちらかが原因、あるいはその両方が原因に場合があります!

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です